第1話「カレーの世界は甘くない」
ティンエン(ウー・カンレン)は、若き敏腕シェフ兼"ラ・ミュール"の社長。フェンチン(シャオ・ユーウェイ)は夜市を仕切る凄腕料理人。ある日、ラ・ミュールの代表料理カレー伊勢えびの格安類似店として、フェンチンの店がネットで話題に。偶然、夜市を通りかかったティンエンは、フェンチンのカレーえびバーガーを酷評してしまう。


第2話「7日間の契約」
フェンチンはラ・ミュールを訪れ、ティンエンへのリベンジとカレー伊勢えびの再現を試みるも結果は失敗。悔しがるフェンチンは7日あれば料理法をマスターすると宣言し、ティンエンのもとで料理を学び始める。するとその夜、地震が起こり、店内は停電してしまう。


第3話「夫婦の絆 ラクサ」
ティンエンのお任せ料理が売りのラ・ミュールに大富豪の夫婦が予約を入れる。結婚当初貧しかった夫妻が披露宴で食べた家庭料理を、結婚30周年の記念に食事したいとの希望だった。フェンチンらとレシピを見つけようとするが、当時の料理人は消息不明で、お店も既に閉店していた。

第4話「影をひそめる記憶の闇」
幻の家庭料理ラクサの味を忠実に再現したフェンチンは、ティンエンから料理人としての力量を認められ始める。そんなフェンチンが料理の修行中にまた停電が発生。しかし、それはティンエンのサプライズだった。

第5話「見捨てない、それが仲間」
フェンチンは、ラ・ミュールでのデザートレッスンでフルーツフランベを作るが、その味は最悪。お酒の知識が不足していると様々なお酒を試飲することに。その矢先、ティンエンにフェンチンが大切にしていた父の形見のノートを捨てられそうになり、険悪なムードになる二人は…。

第6話「ケジメのつけ方」
料理コンテストの結果、特別な休暇を勝ち得たフェンチンは、ティンエンに連れられてパーティーへ参加することに。夜市ではフオ・ティンエンの名声を営利目的に利用していると誤解され口論になってしまう二人。

第7話「パーフェクト・マッチ」
ワイナリーパーティーでワインと食べ物との相性をティンエンから教わるフェンチンは、ケーキを思わず「変な味」と言ってしまう。それが主催者の耳に入り、フェンチンは急遽パーティー会場の料理をふるまうことになる。

第8話「ちょっぴり危険な朝帰り」
目覚めると、一緒のベットに寝ていたティンエンとフェンチン。パーティーで泥酔したお互いの記憶を手繰り寄せながら、少しずつ昨夜の出来事を思い出す二人。そこに突然の訪問者が現れ、ティンエンは大ピンチ。

第9話「ちょっぴり危険な朝帰り」
ラ・ミュールに訪れたマナーの悪い客に強気の態度で接客してしまうフェンチンは、ティンエンから説教を食らってしまう。夜遅くまで、新メニューの考案に取り組んでいたティンエンは、ようやくフェンチンへの思いに気付き始める。

第10話「ちょっぴり危険な朝帰り」
夜市のメンバーでフェンチンに想いを寄せるシャオウェイは、朝帰りしたフェンチンに怒り、家を出ていくと宣言する。仕事中も身が入らず失敗ばかりのフェンチンを見かねたティンエンは、シャオウェイと話し合うよう背中を押す。

第11話「ちょっぴり危険な朝帰り」
鬼門だった料理“ホワイトカレー”のオーダーが入り厨房に立つが、思い通りにいかないティンエン。フェンチンは、ホワイトカレーがティンエンの亡き妹の好物と知り心配する。そしてある日、2人は川で遭遇し、一緒にキャンプをする。

第12話「ちょっぴり危険な朝帰り」
フェンチンは、気になっていた動画をティンエンに見せ、告白の返事をする。誤解だと釈明し共に眠りにつくティンエンだったが、あまりにひどいフェンチンの寝相でなかなか眠れない。帰宅しようとしたその時、ティンエンの祖母が入院したと連絡が入り…。

第13話「ちょっぴり危険な朝帰り」
臨時会議に呼ばれたティンエンと弟のティエンジーは、副会長の悪巧みにより、急きょウルグアイ大使館向けの料理を“台湾屋台料理”に変更することになる。夜市の女王であるフェンチンに相談しようと試みるが、避けられてしまい話ができない。

第14話「ちょっぴり危険な朝帰り」
7日間の契約最終日。課せられた最終試験を迎えたフェンチンは、夜市の仲間の助けを得て、独自のカレー伊勢えびを作り上げていく。合格すれば契約終了、不合格ならラ・ミュールに残留…。果たしてティンエンの出した結論は…?

第15話「ちょっぴり危険な朝帰り」
シャオウェイの誕生日を祝うフェンチンは突然シャオウェイから告白される。大使館向けのメニュー作りに苦労するティンエンは、料理の概念の違いからスタッフとケンカしてしまう。フェンチンを呼び戻すことを提案するが、首を縦に振らないティンエン。

地上波版 全30話


ドラマ『華麗なるスパイス』DVD

SNS LINE SNS Instagram








ドラマ『華麗なるスパイス』