TOP | トップ


第1話「負け組」
陳嘉玲(チェン・ジアリン)は、台北でOLとして暮らす独身女性。付き合って4年の彼氏、江顕栄(ジャン・シエンロン)と同棲していたが、パッとしない毎日を送っていた。ある日、嘉玲は元カレの結婚式に参加することに。付き合っていた当時はオタクだった彼氏はイケメンに変貌しており、「負け」を感じた嘉玲は、酔った勢いで花嫁のブーケをゲットする。結婚式の帰り、嘉玲はタクシーの中で子供の頃のことを思い出していた。

第2話「好きな服」
顕栄(シエンロン)とついに結婚準備を始めた嘉玲(ジアリン)。初めての婚約指輪に心を踊らせるが、ウエディングドレスの試着に顕栄の母親が登場し、全然好みではないドレスを強引に進められるなど、いまいち盛り上がれない。結婚後の新居も決まり、夢のマイホームに感激するも、子供の頃に同じような思いをしたことを嘉玲は思い出す。

第3話「アヤヤ」
新生活の準備のために新居を訪れた嘉玲(ジアリン)。そこに顕栄(シエンロン)の母親がやってきて、勝手に新居のレイアウトを決めようとしていた。結婚後の生活を想像すると、段々と憂鬱になってくる嘉玲。そんな時、取引先のイケメン マークと二人で食事に行くことになった嘉玲は、お酒の勢いもありいい雰囲気に…。

第4話「賢く生きる」
嘉玲(ジアリン)は別な男とキスしかけたことを顕栄(シエンロン)に打ち明ける。「何もなかったならいい」と受け流す顕栄だったが、動揺してピーナッツバターを口にしてしまう。アレルギーが出てしまった顕栄を急遽病院へ。治療が終わり、会社へ出勤した嘉玲のもとに、マークを探し出そうと顕栄が乗り込んできて、職場は大混乱してしまう。

第5話「ホンモノ?」
顕栄(シエンロン)から改めてプロポーズをされた嘉玲(ジアリン)。しかし、ここ最近のことで二人は口論してしまい、ついに顕栄へ別れを告げる嘉玲。仕事も恋人も失い、新たな生活を始めた嘉玲は規則正しく生きようと誓うが、長くは続かず自堕落な毎日を送ることに。そんな嘉玲の元に突然マークから誘いのメールが届く。嘉玲は約束の店へ出掛けるが、マークの姿を見て今の自分を思い出し、何も告げずに引き返してしまう。

第6話「ラジカル」
家族揃って正月を迎えるため、弟の嘉明(ジアミン)が台南から嘉玲(ジアリン)を迎えに来る。実家へ帰る車の中で、嘉玲はこれまでの事をに対し自問自答していた。実家に到着する前、嘉明はある場所に立ち寄る。そこは、嘉玲の幼馴染、蔡永森(ツァイ・ヨンセン)の選挙事務所だった。久しぶりの再会だったが、必死に隠れようとする嘉玲。また、実家に着いた嘉玲は、結婚を喜ぶ家族を前にし、破断になったことが言い出せずにいた。

第7話「サイン」
ついに家族に結婚が破断になった事がバレてしまった嘉玲(ジアリン)。最初は秘密にしていた事を怒っていた家族だったが、嘉玲を心配し、仕事や結婚相手を紹介しようとする。しかも祖母が用意した見合い相手の中には、蔡永森(ツァイ・ヨンセン)までいた。そんな環境を煩わしく感じた嘉玲は台北へ帰ろうとするが、その途中で蔡永森の選挙事務所に立ち寄ってしまい…。

第8話「夢を追う人」
蔡永森(ツァイ・ヨンセン)の選挙事務所で飲みつぶれた嘉玲(ジアリン)は、酔った勢いで運動員に加わる約束をしていた。また、永森が選挙に立候補した理由を聞いた嘉玲は、がぜんやる気になり、自ら率先して広報活動に取り組むように。そんな中、選挙の広報車が廃屋の前でエンストしてしまう。嘉玲は、修理する車を前にし、夢を追い続けた自由人の叔父のことを思い出していた。

第9話「青春の夢」
祖母が倒れたと聞いて、嘉玲(ジアリン)は急いで自宅へ帰るが、祖母は転んだだけだった。しかし、それから程なくして祖母は亡くなってしまう。葬儀の日、別れた江顕栄(ジャン・シエンロン)が焼香に訪れる。久しぶりの再会だったが、二人は和やかにお互いのことを話すことができた。亡くなる少し前、祖母は嘉玲に自分が死んだ後のことを話していた。嘉玲は、祖母が遺灰を海に撒いて欲しいと話していたのを思い出し、骨壺を海に持っていくが…。

第10話「親愛なる嘉玲へ」
母の遺骨を海へ撒いてしまった嘉玲(ジアリン)は、叔母や両親から責められる。そんな中、嘉明(ジアミン)が突然自分はゲイだとカミングアウトする。葬儀も終わり、家を出ようとしていた嘉玲の元へ、マークから新しい仕事の誘いのメールが入る。しかし、その仕事の面接日は、蔡永森(ツァイ・ヨンセン)の選挙の投票日だった。面接日当日、嘉玲は自分が初めて台北に出ることになった時の家族の言葉を思い出していた。そして、面接官からある質問をされ…。



SNS LINE SNS Instagram








ドラマ『おんなの幸せマニュアル 俗女養成記』