第1話「カレーの世界は甘くない」
フオ・ティンエン(ウー・カンレン)は、世界トップレベルの若きシェフ兼"ラ・ミュール"の社長。ウェイ・フェンチン(シャオ・ユーウェイ)は夜市を仕切り、一度食べたものは再現できるB級グルメの凄腕料理人。ある日、ラ・ミュールの代表料理カレー伊勢えびの格安類似店としてフェンチンの店がネットに掲載されると一躍有名店に。気に留めていなかったものの、偶然夜市を通りかかったティンエンはフェンチンの店へ。カレーの奥深さを示すべく夜市のキッチンに立ったティンエンの料理にぐうの音も出なかったフェンチンは、リベンジを決意する。

第2話「7日間の契約」
翌日フェンチンは、ティンエンに戦いを挑むべく"ラ・ミュール"を訪れる。カレー伊勢えびを試食後、再現しようと厨房に立ったフェンチンだったが完璧に味を再現することは出来なかった。しかし、フェンチンは7日あればこの料理をマスターするとティンエンに宣言し、彼のもとで料理を学ぶことに。その晩、店でカレー粉の見分け方を試されていたフェンチンだったが、突然地震が起こり店は停電してしまう。真っ暗になった厨房で、暗所恐怖症のフェンチンはティンエンにしがみついてしまい…。

第3話「夫婦の絆 ラクサ」
大富豪のタン夫婦が結婚30周年を記念しラ・ミュールに来店することに。お任せ料理がルールのラ・ミュールでメニューが指定されたと知り怒り寸前のティンエンだったが、やむなく引き受けることに。夫妻の注文料理は“シェフの家庭料理 ラクサ”。それは当時貧しかった夫妻が結婚披露宴で食し、以後どんなシェフも作ることができない幻の料理だった。その料理人はウージアレストランの元シェフと判明したものの、彼の消息は不明。すでにレストランも閉店していて…。

第4話「影をひそめる記憶の闇」
ラクサの味を忠実に再現しようとしたフェンチンの努力と実力を認め始めたティンエン。一方、一人残り包丁さばきの練習をするフェンチンだったが、またしても電気が消えてしまう。しかし、それは彼女へ誓約書を渡すためのティンエンのサプライズだった。恐怖に震えたフェンチンは、電気を消した上に秘密を公開しようとしたティンエンに激怒するが、ティンエンの思惑を知り…。

第5話「見捨てない、それが仲間」
フェンチンはデザートテストでフルーツフランベを作るが、その味は最悪。お酒の知識を身につけるため様々なお酒を試飲するフェンチン。しかし、ティンエンに誤解され父のノートを捨てられそうになってしまう。誤解に気付き謝罪するティンエンだがハプニングに心をとらわれ、フェンチンは彼を許すことに。ある日、デザート用の卵が割れてしまい、その疑いが貯蔵庫に入ったフェンチンへと向けられてしまい…。

第6話「ケジメのつけ方」
卵を持ち帰り、さっそくフランベ作りへとりかかるフェンチン。テストの結果、スペシャルオフを手に入れたフェンチンは、ティンエンとパーティーに行く約束をする。ある日、“庶民版フオ・ティンエン”に興味を持ったルーシーがティンエンと夜市を訪れると、彼の名前を営利目的に使用しようとするフェンチンたちの話が聞こえ、ティンエンとフェンチンが口論になってしまう。ティンエンに謝罪する夜市の仲間のもとに、ある連絡が入り…。

第7話「パーフェクト・マッチ」
ワイナリーパーティーへ参加したフェンチンは、ワインと食べ物との相性をティンエンから教わっていた。しかし、ケーキの味に違和感を覚えたフェンチンは思わず「変な味」と発してしまう。その言葉に主催者の王会長が怒り、すかさずティンエンがフォローを入れその場をおさめるものの、料理の品数が一品減ることに。そこで、ティエンジーの婚約者ユーチンの発案でフェンチンが料理をふるまうことになり…。

第8話「ちょっぴり危険な朝帰り」
朝起きると一緒のベットに寝ていたティンエンとフェンチン。互いの記憶を寄せ集めながら少しずつ昨夜の出来事を思い出そうとするが、そこに突然の訪問者が現れ大ピンチ。出勤前に、一時帰宅したフェンチンは、父のノートを弟に託そうとするが、弟の怪しい言動に違和感を覚え、後をつける。一方、偶然フェンチンを見かけたティンエンも彼女の後をつけると、その先は産婦人科で…。

第9話「もつれ合う感情の糸」
ラ・ミュールに訪れたマナーの悪い客に強気の態度で接客し、ティンエンから説教を食らったフェンチン。その後、謝罪し帰宅したフェンチンだが、シャオウェイ(ベン・ウー)と弟の件でケンカをしてしまい、ラ・ミュールへ逃げ込んでしまう。しかしそこでは、ティンエンが新メニューの考案に取り組んでいた。フェンチンへの思いにようやく気がついたティンエンは、シャオビンから修業後も引き留めるよう忠告を受けるが…。

第10話「守ってあげたい人」
帰宅したフェンチンにシャオウェイは、家を出ていくと宣言。夜市のメンバーから“荷物を整理している”“元カノと復縁するのでは?”と話を聞かされたフェンチンは、仕事中も身が入らず失敗ばかり。そんなフェンチンを見かねたティンエンは、シャオウェイと話し合うよう背中を押す。ティンエンのおかげで丸く収まったその時、フェンチンは自分の携帯に録画されていた衝撃の映像を目にし…。

第11話「消えない痛み」
ずっと避けてきた料理“ホワイトカレー”のオーダーが入り厨房に立つが、思い通りにいかないティンエン。フェンチンは、ホワイトカレーがティンエンの亡き妹の好物と知りティンエンを心配する。その後、スパイステストに挑戦するフェンチンだが、解答が示すティンエンのメッセージと動画に動揺が止まらずにいた。そしてある日、2人は川で遭遇し、一緒にキャンプをすることになり…。
第12話「明かされる“あの夜”の謎」
フェンチンは、気になっていた動画をティンエンに見せ、告白の返事をする。訳の分からないティンエンは、誤解だと釈明し共に眠りにつくが、フェンチンの寝相でなかなか眠れない。すると、あの動画が撮影された経緯をふと思い出したティンエン。フェンチンを起こして誤解を解き、帰宅しようとしたその時、ティンエンの祖母が入院したと連絡が入り…。

第13話「サフランに込められた思い」
臨時会議に呼ばれたティンエンとティエンジー。ウルグアイの大使館に提供する料理が急きょ“台湾屋台料理”に変更となり、副会長の無理難題に応えることにしたティンエン。フェンチンに相談しようと試みるが、避けられてしまい話ができない。シャオビンがフェンチンに理由を聞くと「カレー伊勢えびのために仕方なくこの店にいる」と言う。その話を聞いていたティンエンは、激怒しカレー伊勢えびの最終工程を怒りにまかせ教えるが…。

第14話「それぞれの切なる願い」
7日間の契約最終日。フェンチンに課せられた最終試験のテーマは、ティンエンのカレー伊勢えびを作るか、独自のカレー伊勢えびを作るかだった。選択を迫られたフェンチンは、独自のカレー伊勢えびを選び、夜市の仲間の助けを得て、自分なりに作り上げていく。合格すれば契約終了、不合格なら残留…。果たして、彼女は厳しい試験に合格できるのか?ティンエンの出した結論は…?

第15話「亀裂」
シャオウェイの誕生日を祝うフェンチンは、シャオウェイから突然告白される。一方、大使館に出す料理のメニューが決まり試作するも上手くいかないティンエンは、料理の概念の違いからジャックとケンカしてしまう。見かねたシャオビンは、フェンチンを呼び戻すことを提案するが、首を縦に振らないティンエン。さらに、ルーシーとの交際についても母から追求され…。

第16話「あなたのために できること」
母に続いてフェンチンにまで妹の死と向き合わされそうになり、たまらずきつく当たってしまったティンエン。その帰り、事故でケガをしてしまったフェンチンは駆け付けたシャオウェイに、ティンエンへの思いを告げる。一方、フェンチンへの態度を反省していたティンエンだったが、まかないに問題が発生し、従業員全員が入院してしまう。そんな中、大使館パーティーの時間は迫り…。


SNS LINE SNS Instagram








ドラマ『華麗なるスパイス』