ドラマ『恋の始まり 夢の終わり』

8年前、即席麺の会社で働く
ジェン・ルーウェイ(レイニー・ヤン)は、
毎晩近所のコンビニに立ち寄って
カップラーメンを試食していた。 
そんな彼女を見初めた男性がいた。
近くの設計事務所で働くタン・ヨウイェン(ヤン・ユーリー)だ。
付き合い始めた二人が三年目を迎えた時、大きな転機に出合う。 

ルーウェイは、念願の上海勤務への道が開け、
大手設計事務所に移籍したヨウイェンの
生活は安定し始めていた。
そんな折、ヨウイェンの父が車の事故で大きな怪我をしてしまう。
重症の親の看病のため、ヨウイェンは上海行きを諦めることに。
上司からはせっかくの上海行きのチャンスを逃さないようにと
説得されるルーウェイは、悩み、そして、2つの人生設計を立てる。
A プランは望み通り上海へ行く、Bプランは台北に残る 。

何があっても後悔しないとBプランを選び台北に残るルーウェイ。

その決心から5年の月日が経った現在、ヨウイェンの両親の面倒を見ながら
共働きしているルーウェイの生活は追い詰められていた。
 
もし、あの時、上海行きのAプランを選んでいたら、
私の人生はどんなに変わっていったんだろう。

ドラマ『恋の始まり 夢の終わり』







ドラマ『恋の始まり 夢の終わり』